豊かさとノミとカエル

派遣中

ノミは体長2ミリ程度、けれどもなんと30cmも飛ぶことができる!

高さ20cmほどの蓋つきの瓶の中にノミを入れる。一生懸命出ようとするけど出られない。

蓋の存在を知り、瓶の中で次第に20cmほどしか飛ばなくなる。

蓋を取り除いても、瓶をはみ出して飛ぶノミがいなくなる。

瓶を取り除いても、そこに枠があるかのように制限された飛びを続ける。

普通に飛べるノミを投入すると、思い出したかのようにみんな30cm飛ぶ!

 

青年海外協力隊を経て、企業向けの青年海外協力隊のようなNPOを立ち上げられた、小沼大地さんの著書(働く意義の見つけ方/ダイヤモンド社)にも出てくるこの実験、すごく好き。

 

マラウイに滞在している中、「豊かさ」って何かよく考える。最近の自分のfacebook、同期もたくさんいろんな経験して、悩み考えているようで、そういった投稿に溢れている(笑)いろんな考え知れて大いに助かっているけれど。

 

現地の人たちが、劣っているとかそういったことは思わないけれど、多分「人間」としての枠の広さであったり、枠なんかないってことは、正直自分の方が認識できているんじゃないかと思うことがちらほら。

 

そういった中で「豊かさ」を考えた時、どうしてもわかりやすい「量」の多寡で「豊かさ」を判断しがちだけど、「質」の違いの「豊かさ」が本当は大切なんじゃないかと改めて気づかされている感じ。

 

単に物の量が多いだけが豊かではない。本当に豊かだと感じられるようになるには、質の違い「多様性」が大切(生物多様性/本川達雄)

 

もちろん、自分たちはノミじゃないので、さっきの実験だと、瓶を道具を使って破壊して抜け出すとか、いろんな選択肢があるはず。

 

教養とは「ゆでガエル」の状況から行動するための知恵

 

(ゆでガエルとは、ガラスとかに入れられ、水の中に浸かっているカエルが、徐々にその水の温度を上げていっても、そのガラスから出ようとせずに茹であがってしまう、徐々に悪化する状況に対しては、認識がちゃんとできなくなることの例え)

 

竹中平蔵さんの言葉だったと思うんだけど、ヒットしない・・。

 

これにもなんか通じる気がしており、「豊かさ」=「(危機が生じた時の)選択肢の多さ」っていう見方だと結構しっくりくるこの頃。

 

つまり、何か食糧危機であったり、戦争が生じた時、もっというと日常のささいな危機が生じた時、多分いわゆる先進国の方がとれる選択肢は多い。

 

危機が生じた時の備えのために、豊かになりましょう!って感じだと、なんかしらけてしまう気もするけど、結局生物として生きている以上、危機への備えは必須だと思う。

 

また、「何か新しいことを知る」ことは、純粋に楽しいことでもあると思うので(なぜ楽しいのかというと、結局危機への備えとして、選択肢が増えたからと無意識に感じているから!?とも思ってしまったり・・)、瓶を飛び出す楽しさ、色んな選択肢があることを伝えれたらと思う今日この頃。

 

マラウイ生活一覧

 

・・ちょっとヘビーになりますが、もうちょっと生物的な考えでこのこと記載。

 

上に行くほどレベルは巨視化し決定論的にふるまう、逆に下は微細構造に行くほど非決定論的になる。言い換えれば下の階層のゆらぎが上の階層の動脈硬化を防いでいる。システムの硬化・・熱的死は一見安定の概念に近い様だが「変化に乏しく一様でゆらがないシステム」は破局の可能性が増大し真には不安定(攻殻機動隊/士郎正宗)

 

生命は「現に存在する秩序がその秩序自身を維持していく能力と秩序ある現象を新たに生み出す能力をもっている」。生命とは動的平衡(Dynamic equilibrium)にある流れである(生物と無生物のあいだ/福岡伸一)

 

用は生命にせよ何にせよ、「続く」ためには、常に変化することが必要という、ちょっとした矛盾が必要であるということ。イノベーションのジレンマ的な。

 

さきほども紹介した「生物多様性」という本からも

 

「生物」・・ずっと続くことに至高の価値

克服すべき壁

1)熱力学第二法則(秩序→無秩序)・・生殖・代謝機能等でほぼ克服

2)環境の変化・・多様性が大事!

 

とのこと、納得。個人的に最近もやもやしていたものがかなりすっきりした。やっぱりここでの自分の価値は、いかに新しい選択肢を現地の人に提供できるかだと思った。サイレントマジョリティーと不協和音は名曲だと改めて思った。参考になれば嬉しいです!

 

生物チックな考えかたをもっと知りたいという方はこちらも是非

 

生物、人間を知るおススメ書籍10選(前半)

生物、人間を知るおススメ書籍10選(後半)

生物学の名著3選+α

コメント